サスペンションとは車体の足周りを構成している部品の一つです。通称はサスと呼ばれます。タイヤの奥を覗いてみると分かるかと思いますがバネのようになっているパーツが確認できます。これがサスです。段差などを走るときに地面からの衝撃を和らげる働きをしています。また、ホイールの内側についているキャリパーと呼ばれるブレーキ装置があります。こういった足周りのパーツを一新することで自動車の走りは大きく変わります。特にサスはバネの固さを選んだり、サス内部に充填されているオイルの粘度を変えることによって走りに大きな差がでます。サスをガチガチに固めると地面からの衝撃は吸収されにくく、ドライバーへ衝撃がそのまま伝わってしまう反面、タイヤを地面に押し付ける作用がありますのでタイヤが地面を捉えやすくなり、走行性能が増します。また、ブレーキについても同様で自動車を購入した際に純正でついているキャリパーを社外製のキャリパーへ変更することでブレーキ性能に大きな差が出てきます。その他サスを調整することで車高を下げることもでき、視覚的カスタムとしてもとても有効です。このように足周りのパーツは走行性に大きな影響を与えるとともに視覚的にもカスタム栄えするポイントです。