車のスポーティパーツの中にはドライバーの運転席自体をカスタマイズするパーツがあります。
これらは大きく分けるとリクライニング機能がない物と、リクライニング機能がある物に分けられ、車検対応している物が増えてきています。
一般的に前者はフルバケット、後者はセミバケットと呼ばれていて、シート自体は汎用品になりますが、それを取り付けるレールがそれぞれの車によって専用品となっています。
これらの座席に交換することのメリットは、自分の体のホールド感が抜群に上がるということでしょう。
材質はカーボンやFRPで作られていて、体をしっかりと固定する為に4点式、5点式の競技用ベルトを通す穴が開いていて、ある程度のサイズ調節は可能となっています。
山道や峠道をドライブする場合には体が左右に振られることになりますので、通常の座席だと自分で体を支えてやる必要がありますが、フルバケットやセミバケットは肩、脇腹、腰、腿を覆うように設計されていて、運転者自身が踏ん張らなくても、座席自体が支えてくれるので、運転時の負担が軽減され、より車の操作に集中することが可能になります。
交換するだけで見た目も機能的にも格段にスポーティになりますが、フルバケットの場合には、体の自由度はほぼなくなってしまう上に、乗降性も悪化するなど、乗用車としての機能性は低下してしまうので、自分のライフスタイルを十分に検討してから交換したほうが良いでしょう。