自動車を走行させる際には、乗り心地の他にも走行そのものの性能を重視される方も存在しています。現在では多くの自動車でスプリング式のサスペンションを利用しているものですが、その多くがコイルばねに分類されているものになり、各メーカーから様々なタイプが販売されています。一般的にはばねの強さを強化しているものにカスタマイズを行う方が多く、同時に車高を下げることを行っている方も多く見られます。スポーツ仕様として販売されているタイプも多く、その目的としてはコーナリングの安定性を維持することになります。サスペンションに関しては、これまで車種やメーカーによって様々なスタイルを持ったものが発表されており、その中にはリーフばねと呼ばれているものも存在しています。このタイプでは金属の板を数枚に重ね合わせ、サスペンションとして活用されているものになり、その見た目がリーフ状に仕上がっていることが特徴になります。大型トラックなどでは現在でも利用されている車種があり、限定された場所で用いられていることになります。他にはラバーコーンタイプのサスペンションも使われた背景があります。世界的に有名な自動車に採用された実績を持っており、耐久性に関しては劣る一面を持っているのですが、かつては人気車種として活用されてきたものになります。